切らない脂肪吸引法

「メスを入れずに脂肪吸引ができる方法」と聞くと、本当に効果があるのか不安になる方も多いと思います。どのような施術法があり、効果や安全性はどれくらいあるのでしょうか。

例えば、ウルトラアクセントという施術方法は、超音波を当てて気になる部分の脂肪細胞にアプローチし、脂肪を溶解させて体外に排出させるという方法です。効果を実感するのに時間はかかりますが、痛みがほとんどなく、痩身効果だけでなく美肌効果も期待されます。

リポセルという施術法は、特殊な器械で脂肪を凍らせて脂肪細胞を破壊し、体外に排出させていくという方法です。施術時間が短く、痛みも少なく安全性が高いと言われています。また、この機会は前立腺がんの治療にも用いられており、信頼性もあります。基本的に一回の施術で終了するというメリットもあります。

注射その他に、脂肪溶解注射というものがあります。薬剤を注射し、脂肪を分解するという施術方法になります。効果を実感するためには複数回施術する必要があります。高脂血症の治療にも用いられているため、安全性が高く、体への負担は少ないと言われます。

切らない脂肪吸引は切る脂肪吸引と比べて、一回で劇的な効果が期待できる施術法ではありませんが、時間をかけて自然に痩せていくように見えるので、脂肪吸引したことを周りの人に気づかれたくないという人にはおすすめです。未経験者の方も、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

切る脂肪吸引法

切る脂肪吸引法と聞くと、痛みや出血量が心配になってしまいますが、実際に体への負担はどれくらいかかるのでしょうか。切る脂肪吸引法の一部を例に挙げてみたいと思います。

まず、シリンジ法という、器械を使用せずに手作業のみで行う吸引法があります。「シリンジ」という手動の吸引器で脂肪を吸い出すため、出血量は少なくて済みますが、お腹や太ももなどの、大量の脂肪吸引には向いていません。

手術次に、ボディジェット法という、カニューレという刃のない吸引器からジェット水流を噴射し、脂肪細胞を血管や神経から分離させながら吸引する方法があります。周辺の組織へのダメージが少ないため、施術後の腫れや痛み、むくみ、内出血などを抑えられます。ダウンタイムと呼ばれる回復までの期間が比較的短いのが特徴です。

ボディジェット法と同じように周辺組織への影響が少なく、ダウンタイムが短いのが「ベイザー波」という超音波を使用したベイザー脂肪吸引です。ベイザー波を照射して皮下脂肪を液状化し、カニューレで吸引します。どの部位にも施術でき、術後に皮膚のたるみが生じにくいのが特徴です。余談ですが、大阪での脂肪吸引を選択した知人はこのベイザー脂肪吸引を行っているクリニックを訪問したそうです。仕上がりが自然に痩せたような綺麗なもので満足していました。

このように、美容クリニックでの脂肪吸引には、切る方法を選択しても体への負担を最小限に抑えられる方法もあります。不安な場合はカウンセリング時に医師と十分に話し合い、安心できてから施術に臨みましょう。

脂肪吸引の種類

体重計運動や食事制限などのダイエットをしても、自己管理が苦手ですぐに挫折してしまい、美しいボディラインを諦めてしまった経験はありませんか?精神的にも身体的にも負担の少ない脂肪吸引の方法があれば、是非試してみたいという方もいらっしゃると思います。当サイトでは、美容クリニックに多く導入されている脂肪吸引の施術の種類について、ご説明いたしましょう。

脂肪吸引の施術方法には、体にメスを入れて吸引する方法と、切らずに吸引する方法があります。切る方法というと、施術時の痛みや術後の回復度が一番心配な部分だと思いますが、いくつかの施術方法を解説しながら、体への負担についてもご説明いたします。

切らない脂肪吸引法にもたくさんの種類があります。メスを入れない分、比較的トライしやすいイメージはありますが、本当に効果が現れるのか不安な方もいらっしゃるでしょう。また、内科的な治療のため、安全性も気になるところだと思います。切らない方法についても一部の施術方法をご紹介しながら、効果の表れ方や安全面について解説いたします。

また、吸引したい部位によっても、適した施術方法が異なってきます。クリニックによっては、複数の施術方法を組み合わせることもあります。理想のボディラインを実現するためには、医師とのカウンセリングが非常に重要なので、施術方法についてはしっかりと説明を受け、疑問をなくした上で自分のニーズに合った方法を選択してください。